グランドパンダキャニオンのプレイヤーブログ♪ シングル通販サイト→http://gurapan.jp/

秋葉原に店舗を構えるグランドパンダキャニオンです! カードゲーム初心者の方から上級者の方まで幅広く楽しめる 空間を目指しておりますのでお近くにお越しの際は 是非お立ち寄り下さい!営業時間が変更になりました。曜日関係なく10:00~22:00となっています。シングル通販サイトもオープン!http://gurapan.jp/

≫ EDIT

FFTCG Opus3 レジェンドカード解説(∵)

おはようございます!
ひれひれ(∵)です。

とうとうOpus3が発売となりました!

簡単にレジェンドのみですが、感想を書いていきたいと思います!

ザックス
3-012L.png
プチギップル(∵)
でありつつ、擬似的ですが、除去耐性まで持っているスーパーカード。
火は小さいサイズのフォワードが多いので、相性はとても良いですね(∵)

ビビ
3-017L.png
今回のトップレア。
カード1枚で相手のフォワードを葬っただけではなく、場にフォワードとして残るので、とてもプレイしやすいです(∵)
ビビの能力で大体、パワー7000くらいまでは焼けますが、8000くらいになると急に焼きにくくなります。
またパワーが4000しかないので、相手のフリオニールで焼かれたり、相手に2コストのフォワードを立てられるだけで
アタックに行けなくなるし、パーティアタックに行くにも簡単に除去られて被害が大きくなりそうなサイズなので、
ブロッカーになる事が多いです(∵)

クジャ
3-030L.png
能力が2つあってどちらも任意に選んで使っていけるのがいいですね(∵)
先行2ターン目に出すと相手はフォワードが出しづらくなるので、その後のアタックが非常に通りやすくなります(∵)
しかし、気付いたら相手の場に並んでいるバックアップが、かなり増えている事が多いです(∵)
場に出すタイミングを選ぶカード(∵)

ジェネシス
3-033L.png
とてもかっこいいですね(∵)
サイズが7000なのが少し心配ですが、そもそも氷はサイズではなく、ハンデスとダルを絡めたテンポで戦う事が多いので、
そこまでは気になりません。
導師から釣れるのもポイントが高いですね。
これから流行りそうである、ビビに弱いのがたまにきず(∵)
構築にもよりますが、土氷みたいな遅いデッキには入りにくいカード(∵)

エアリス
3-050L.png
相手のバックアップから効果を受けないカード。
赤魔道士、アーヴァイン、黒のワルツ3号、ジルナバート、デュース、ラウバーン、ムスタディオ、
黒魔道士、シーモア、ユウナ、シューイン(∵)、フースーヤ辺りが良く使われる所ですかね(∵)
エアリスがあっても、エアリスの印象が薄すぎて効果の対象にならないのを忘れて
カードをプレイしてしまう所を多く見かけるのでかなりの強カードだと思います(∵)

バッツ
3-065L.png
パッと見、条件が厳しそうに見えますが、意外になんとかなるカード。
9000ブレイブ先制2回攻撃は決まると気持ちいいです。
使われてもヤバいですが、使ってもヤバいと感じる1枚(∵)

ディリータ
3-088L.png
いろいろ効果を持っています(∵)
アルシドオニオンをディリータが食らうとアルシドオニオンが溶けるのは気持ちいいかもしれません(∵)
アンタッチャブルではない為、カードの効果は結局受けてしまうので、場が優勢の時に出していきたいカード。

プリッシュ
3-092L.png
FF11のキャラクターです。
アビセアで真竜を倒す前で困っている姿がかわいかったです(∵)
かわいいのでみんなも使いましょう(∵)

エクスデス
3-100L.png
上の効果は空気に見えますが、一般兵やクラスゼロを消せるなど、細かい点で役立ちます(∵)
Sアビが強く、相手にいつでもプレッシャーをかけながら勝負が出来ます(∵)
Sアビのコストから見て雷単で使いやすいカードですね(∵)

ラムザ
3-119L.png
雷だとザルバックオルランドゥがFFTなのですが、少し物足りない気もします(∵)
実用的なのは風水士辺りでしょうか(∵)
バックアップのオヴェリアでパンプもするので水雷で組むと実用性が高そうです(∵)

ガーネット
3-129L.png
パワーが7000あり、パンプアップの効果があり、さらには召喚獣の対象にならないので、かなり生存率が高いカード。
下の召喚獣を召喚する能力は他の色の召喚獣も撃てるので、とても使いやすそうですね(∵)

レナ
3-144L.png
水の2コストのフォワードを釣ってくるカード(∵)
場に出た時の能力が強く、Sアビはあんまり使わない印象があります。
うたかたの夢想、Sユウナ、カイナッツォ、3弾ナイトなどが釣ってくる有力な候補でしょうか。
簡単に安定してフォワードが並ぶのはいい事ですね(∵)

聖天使アルテマ
3-145L.png
全部のフォワードを消し飛ばすパワーカード。
頭の片隅にこのカードの存在を入れておかないとひどい目にあいます(∵)

戒律王ゾディアーク
3-147L.png
相手のフォワードを消し飛ばすパワーカード。
頭の片隅にこのカードの存在を入れておかないとひどい目にあいます(∵)

後半戦マスターズの1発目は仙台なので、参加される方は頑張って下さい(∵)
スポンサーサイト

| FF TCG | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FF-TCG Opus3リスト

こんにちは!

ひれひれ(∵)です。

来週発売のOpus3の画像リストを作成しました!

ラムザとゾディアークだけ揃わなかったのでプレミアムとなっています。

前日の24時に深夜販売するので是非遊びに来て下さい!

001~009
010~018
019~027
028~036
037~045
046~054
055~063
064~072
073~081
082~090
091~099
100~108
109~117
118~126
127~135
136~144
145~148

| FF TCG | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『第弐回 期間限定海域:南方海域強襲偵察!』後段作戦 攻略

こんばんわ(∵)

ひれひれ(∵)です。

昨日から始まった
『第弐回 期間限定海域:南方海域強襲偵察!』後段作戦にやってきました!

丙、乙、甲がありますが、今回は甲が特に難しくなっています。
難しいだけあって、甲を攻略した方は名前の横やランキングに甲勲章が付きます!
僕もなんとか取る事が出来ました(∵)
キャプチャ

という事で、今回は甲の攻略について、簡単に書いていきたいと思います。

E-4
編成ですがE-4の艦種制限が駆逐艦2体を入れろって書いてあります。
敵の艦隊は道中が潜水艦が3体、ボスも潜水艦になります。
なので編成としては駆逐2~4、軽空母2~4で行くと楽です。

陣形は単横陣にすると、潜水艦に対する攻撃力がかなり上がるので常に単横陣で大丈夫です。

装備ですが、
駆逐艦には
三式水中探信儀
三式爆雷投射機
を最低1個ずつ、改でスロットが3ある場合は三式水中探信儀を2個積む事をお勧めします。
(敵を見つけてくれる扇状の範囲が大きくなる為)
こちらは開発で駆逐艦を旗艦にして
20 20
30 31
で開発する事が出来ます。
三式水中探信儀は多く付けるとすごい差が出てくるので是非試してみて下さい(∵)

軽空母の装備ですが、対空が一切必要ない為、
流星(対潜+4)か流星改(対潜+3)を全部のスロットに突っ込むのが楽です。
軽空母4隻に全部、流星関係を積んで出撃すると敵艦隊6隻を航空攻撃のみで落とす事もあります。
流星や流星改は旗艦を空母関連にして
20 10
60 110
で開発する事が出来ます。
命中が上がる32号対水上電探や33号対水上電探が欲しい方は、
20 251
60 250
の複合レシピで電探も狙いつつ開発するのもありです。

戦い方は簡単でMAPで敵艦隊を見つけたらすぐに航空攻撃!
航空攻撃で残った相手に当たりにいき、駆逐艦などで殲滅していく形となります。

戦っている間にまた航空攻撃のゲージが回復していると思うので、またMAPで航空攻撃をしていくの繰り返しになります。

基本はこれをやっていれば、クリアが出来ると思います。

次回はE-5の攻略を書いていきたいと思います。

当店は店舗だけではなく、通販サイトもございます。
通販サイトでカードを注文し、店舗で受取も可能なので、是非ご利用下さい(∵)
グランドパンダキャニオン通販

| 艦これアーケード | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FFTCG 多色のススメ(∵)

こんにちは(∵)

マスターズ岐阜に行ってきました!

岐阜は始めて踏んだ土地でしたが、意外と名古屋から近くてびっくりしました(∵)
関東で例えると秋葉原~横浜みたいな感じ(∵)
コンビニがあまりなかったので、昼休憩用にご飯を予め用意しておくといいかもしれません(∵)

本題の話ですがマスターズ岐阜は全体的に火や雷を使ったデッキが多かったです。
その中で、決勝トーナメントに残ったのは
順位順
1、土雷ゴルベーザ
2、土雷氷ゴルベーザ
3、火単
4、火氷
5、火氷
6、氷単
7、土水
8、雷単
(当日のホワイトボードに書いてあったのをそのまま記入しています)
でした!

僕個人の結果は
予選5-1で2位通過
決勝トーナメント1没(∵)

決勝トーナメントまで行けたのに何とも情けない結果となってしまいました(∵)

ただありがたい事にレシピと使い方を教えて欲しいというお声をけっこう頂いたので簡単に解説させて頂きます。
単色が多かったので多色の需要があったのでしょうか(∵?)

使ったデッキはゴルベーザに他の有用性が高いカードを突っ込みまくったデッキです。

レシピは下記の物になります(∵)
C9qWSqUUAAAbwpU.jpg

デッキの特徴
・除去や展開に長けているフォワードが多いので、こちらのバックの動きが鈍くても中盤で切り返しがしやすい。
ゴルベーザがなくても普通の除去コントロールとして戦える。
・3色のカードパワーが高いカードが詰め込まれている為、デッキパワーが比較的高い。

構築の考え方
ゴルベーザ特有の2コストを多く入れなければいけない(通常12枚前後)=質の低いフォワードがデッキに多く入り、
デッキパワーが少し下がるという点を2コストのフォワードを8枚にし、火、氷、風、土、雷、水、光から
1枚ずつ(氷だけ2枚)厳選して抜粋にする事により、ゴルベーザのカードパワーも下がらないように調整。

・ピン積みが多くなってしまっている理由
2コストのフォワードはゴルベーザからサーチが可能となっており、
他のフォワードは各種サーチ系のバックからその場に適したカードを持ってこれます。
序盤にピン積みのカードをコストとして捨ててしまっていても、中盤以降に導師で釣り上げる事が出来るので、
様々なデッキに対応出来るように各種メタカードを採用。
例:ヴェインギップル→火
リノアヴェインザルガバースシェルク→氷
リノア異才のアモンケットシー→土
シェルクザルガバースガブラス→雷
風と水は環境にあまりいない為、割愛。
その結果、ピン積みが多くなっています。

使い方
基本は初手に2色違う色のバックアップがあったらスタート。
モーグリ13-2ジェシーゴルターナ公グラミス辺りから、2枚目の手札からプレイする予定のバックアップの色を持ってくる。
各種サーチ系のバックアップは手札2枚切りから出すことも多々あり。
バックアップを氷、土、雷3色出るようになったら、あとは相手の盤面に合わせてカードを整えていく。
可能であればバックアップは場に4枚欲しい。
2コストのフォワードを序盤に5枚くらい引いてしまった場合はゴルベーザ分解は諦めて殴るフォワードとして扱う。
(相手が氷の場合はヴェインがきついのでゴルベーザは捨てる)
相手が雷の場合は6コストであるゴルベーザを除去する手段が7コストオーディン以外は皆無に等しいので
ゴルベーザで殴りきるプランも視野に入れる。

火と雷と戦う時は相手側は除去が単体しか対象に取れない物が多いので、積極的にシェルクザルガバースなどを使い、
相手より盤面にフォワードを多く並べる事を意識。

土に対してはバックアップを可能な限り早く出し、導師にヘカトンケイルをさせて、自分のバックアップの色を守る。
相手のフォワードはリディアだけ注意。

氷はシヴァジルナバートヴェインで自分の高コストが無力化するとコスト対比的にそれだけできつくなるので
軽いフォワードで戦う事を意識する。


こういう多色のデッキは様々な選択肢があり意外な発見もあるので、使った事がない方は是非使ってみて下さい!

| FF TCG | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FF-TCG 土単(∵)

こんばんわ(∵)

ひれひれ(∵)です。

単色のブームに乗っかって土単を紹介したいと思います(∵)

土は色的にあまり人気がない影響か使っている人が少ないし、動きももっさりしていてゲームしている感じが薄いし、
除去がないから安定して勝てないのに、何故土単かと言うと僕がMasters千葉で使っていたデッキだった為、紹介が楽だったからです(∵)

それではレシピから紹介したいと思います。
土単

まず土の色の特徴ですが、
・ブレイブ持ちが多いのでアタックに行きやすい。(除去がないから実際は他の色よりアタックに行きにくい)
・フォワードのサイズが大きいような気がする。
シャントットという最強の大振り全体除去がある。(不利な状態をより不利にする事が多々ある)
ヤンがとても強い。


デッキの使い方ですが、まずは当たり前ですが、バックを並べていきます。
バックを並べる際の注意点は、シャントットラウバーンの枠を残しつつ、並べていく点です。
しかもそのシャントットラウバーンは可能な限りはプレイしないで、相手の皇帝に対して当てていくのが最終目的となります。
皇帝を出されると負けに近づいてしまうので、何としてでも除去する為に、シャントットが入っています。
もし手札にディリータがあり、自分のラウバーンを壊せる状態なら、何も気にせずプレイしても大丈夫です。

フォワードの展開に関してですが、相手が除去デッキの場合はヤンなど軽いフォワードを相手がフォワードを出すより先に出し
相手に除去を当てさせ、少しずつコストで得をしつつ、相手の除去が薄くなってきた所に
除去耐性を持ったフォワード(ヴィンセントやフォワード+タイタンのセット)を展開していくのが理想となります。

相手がフォワードを前だししてくるデッキの場合はリディアのスペシャルアビリティやゴーレム、フォワード+モンクなどで対応していきます。

相性ですがゴルベーザにはとても有利で、慣れてくると氷や雷にも比較的有利です。
火はかなりきついです。

土は出すフォワードを間違うだけで、そのままジリ貧になって負けたり、手札を使い切っただけでリカバリーが出来なくなるので
プレイしていてかなり楽しい色だと思います。
といってもFFTCGは何色使っても楽しいので、各色のプレイを知る為に全ての色を試すのも悪くないかもしれません。

次はMasters神戸ですね!
行く方は頑張ってください!
ちなみにMasters千葉は皇帝の使用率が高かったように感じたので皆様気を付けてください(∵)

| FF TCG | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT