グランドパンダキャニオンのプレイヤーブログ♪ シングル通販サイト→http://gurapan.jp/

秋葉原に店舗を構えるグランドパンダキャニオンです! カードゲーム初心者の方から上級者の方まで幅広く楽しめる 空間を目指しておりますのでお近くにお越しの際は 是非お立ち寄り下さい!営業時間が変更になりました。曜日関係なく10:00~22:00となっています。シングル通販サイトもオープン!http://gurapan.jp/

≫ EDIT

FFTCG 多色のススメ(∵)

こんにちは(∵)

マスターズ岐阜に行ってきました!

岐阜は始めて踏んだ土地でしたが、意外と名古屋から近くてびっくりしました(∵)
関東で例えると秋葉原~横浜みたいな感じ(∵)
コンビニがあまりなかったので、昼休憩用にご飯を予め用意しておくといいかもしれません(∵)

本題の話ですがマスターズ岐阜は全体的に火や雷を使ったデッキが多かったです。
その中で、決勝トーナメントに残ったのは
順位順
1、土雷ゴルベーザ
2、土雷氷ゴルベーザ
3、火単
4、火氷
5、火氷
6、氷単
7、土水
8、雷単
(当日のホワイトボードに書いてあったのをそのまま記入しています)
でした!

僕個人の結果は
予選5-1で2位通過
決勝トーナメント1没(∵)

決勝トーナメントまで行けたのに何とも情けない結果となってしまいました(∵)

ただありがたい事にレシピと使い方を教えて欲しいというお声をけっこう頂いたので簡単に解説させて頂きます。
単色が多かったので多色の需要があったのでしょうか(∵?)

使ったデッキはゴルベーザに他の有用性が高いカードを突っ込みまくったデッキです。

レシピは下記の物になります(∵)
C9qWSqUUAAAbwpU.jpg

デッキの特徴
・除去や展開に長けているフォワードが多いので、こちらのバックの動きが鈍くても中盤で切り返しがしやすい。
ゴルベーザがなくても普通の除去コントロールとして戦える。
・3色のカードパワーが高いカードが詰め込まれている為、デッキパワーが比較的高い。

構築の考え方
ゴルベーザ特有の2コストを多く入れなければいけない(通常12枚前後)=質の低いフォワードがデッキに多く入り、
デッキパワーが少し下がるという点を2コストのフォワードを8枚にし、火、氷、風、土、雷、水、光から
1枚ずつ(氷だけ2枚)厳選して抜粋にする事により、ゴルベーザのカードパワーも下がらないように調整。

・ピン積みが多くなってしまっている理由
2コストのフォワードはゴルベーザからサーチが可能となっており、
他のフォワードは各種サーチ系のバックからその場に適したカードを持ってこれます。
序盤にピン積みのカードをコストとして捨ててしまっていても、中盤以降に導師で釣り上げる事が出来るので、
様々なデッキに対応出来るように各種メタカードを採用。
例:ヴェインギップル→火
リノアヴェインザルガバースシェルク→氷
リノア異才のアモンケットシー→土
シェルクザルガバースガブラス→雷
風と水は環境にあまりいない為、割愛。
その結果、ピン積みが多くなっています。

使い方
基本は初手に2色違う色のバックアップがあったらスタート。
モーグリ13-2ジェシーゴルターナ公グラミス辺りから、2枚目の手札からプレイする予定のバックアップの色を持ってくる。
各種サーチ系のバックアップは手札2枚切りから出すことも多々あり。
バックアップを氷、土、雷3色出るようになったら、あとは相手の盤面に合わせてカードを整えていく。
可能であればバックアップは場に4枚欲しい。
2コストのフォワードを序盤に5枚くらい引いてしまった場合はゴルベーザ分解は諦めて殴るフォワードとして扱う。
(相手が氷の場合はヴェインがきついのでゴルベーザは捨てる)
相手が雷の場合は6コストであるゴルベーザを除去する手段が7コストオーディン以外は皆無に等しいので
ゴルベーザで殴りきるプランも視野に入れる。

火と雷と戦う時は相手側は除去が単体しか対象に取れない物が多いので、積極的にシェルクザルガバースなどを使い、
相手より盤面にフォワードを多く並べる事を意識。

土に対してはバックアップを可能な限り早く出し、導師にヘカトンケイルをさせて、自分のバックアップの色を守る。
相手のフォワードはリディアだけ注意。

氷はシヴァジルナバートヴェインで自分の高コストが無力化するとコスト対比的にそれだけできつくなるので
軽いフォワードで戦う事を意識する。


こういう多色のデッキは様々な選択肢があり意外な発見もあるので、使った事がない方は是非使ってみて下さい!
スポンサーサイト

| FF TCG | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FF-TCG 土単(∵)

こんばんわ(∵)

ひれひれ(∵)です。

単色のブームに乗っかって土単を紹介したいと思います(∵)

土は色的にあまり人気がない影響か使っている人が少ないし、動きももっさりしていてゲームしている感じが薄いし、
除去がないから安定して勝てないのに、何故土単かと言うと僕がMasters千葉で使っていたデッキだった為、紹介が楽だったからです(∵)

それではレシピから紹介したいと思います。
土単

まず土の色の特徴ですが、
・ブレイブ持ちが多いのでアタックに行きやすい。(除去がないから実際は他の色よりアタックに行きにくい)
・フォワードのサイズが大きいような気がする。
シャントットという最強の大振り全体除去がある。(不利な状態をより不利にする事が多々ある)
ヤンがとても強い。


デッキの使い方ですが、まずは当たり前ですが、バックを並べていきます。
バックを並べる際の注意点は、シャントットラウバーンの枠を残しつつ、並べていく点です。
しかもそのシャントットラウバーンは可能な限りはプレイしないで、相手の皇帝に対して当てていくのが最終目的となります。
皇帝を出されると負けに近づいてしまうので、何としてでも除去する為に、シャントットが入っています。
もし手札にディリータがあり、自分のラウバーンを壊せる状態なら、何も気にせずプレイしても大丈夫です。

フォワードの展開に関してですが、相手が除去デッキの場合はヤンなど軽いフォワードを相手がフォワードを出すより先に出し
相手に除去を当てさせ、少しずつコストで得をしつつ、相手の除去が薄くなってきた所に
除去耐性を持ったフォワード(ヴィンセントやフォワード+タイタンのセット)を展開していくのが理想となります。

相手がフォワードを前だししてくるデッキの場合はリディアのスペシャルアビリティやゴーレム、フォワード+モンクなどで対応していきます。

相性ですがゴルベーザにはとても有利で、慣れてくると氷や雷にも比較的有利です。
火はかなりきついです。

土は出すフォワードを間違うだけで、そのままジリ貧になって負けたり、手札を使い切っただけでリカバリーが出来なくなるので
プレイしていてかなり楽しい色だと思います。
といってもFFTCGは何色使っても楽しいので、各色のプレイを知る為に全ての色を試すのも悪くないかもしれません。

次はMasters神戸ですね!
行く方は頑張ってください!
ちなみにMasters千葉は皇帝の使用率が高かったように感じたので皆様気を付けてください(∵)

| FF TCG | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Masters 千葉

こんにちは!

ひれひれ(∵)です。

昨日開かれたMasters千葉に応援しに行ってきました。
Masters千葉は参加者87名。
7回戦スイスラウンドの上位8名が決勝トーナメントに進出し、その8人がMastersアフターの出場権利を貰え、
1位のみがMastersファイナルの権利を貰えるという形となっています。
Mastersファイナルに1位しか出れないので、権利を取りにいく側としてはかなり厳しい条件に見えますね。
そんな条件だからこそ、参加できる時はとても気持ちのいいものだったりするのかもしれません。

Masters千葉は2弾発売後、初の大きな大会という事で、様々なデッキが見受けられました。
みんなデッキに困っていたんでしょう(∵)
見渡した感じ、色で多く見られたのは雷と氷は多かったかなと思います。

そんな混沌とした環境の中、予選を7-0の1位で抜けたのは原さんの火単でした!
火単
原さんのレシピがツイッターに落ちてたのでパクってきました!
ジェクト以外のレジェンドのカードをふんだんに使ったとてもカードパワーの高そうなデッキです!
これは早めに始皇帝ザンデなどを手に入れなければ組めなくなってしまうかもしれませんね(∵)

そしてベスト8に残ったデッキは何だったのでしょうか?
FF
何とゴルベーザ以外は単色という結果に!
2弾が出てから時間がなかった分、構築がしやすい&テンポがよく安定している単色に比重がよったのでしょうか。
中でも火単の突破者が多く、惜しくも>予選9位で決勝進出を逃したカタヒラさんも火単を使用していました(∵)


そして決勝トーナメントの優勝者は!?



サワダさんが使用した雷単でした!
ちなみにサワダさんはHNだと総帥と呼ばれています!
そうすいです!

そしてレシピを頂きました!
フォワード(25)
3イデア
3アルシド
3オニオンナイト
2リグディ
3ギルガメッシュ
2サイファー
3カイン
3アモン
1ザルバック
2ラムザ

バックアップ(17)
2赤魔道師
3黒魔導士
3召喚士
1ゴルターナ公
2ルールー
1魔人
3忍者
1シーモア
1フースーヤ

召喚獣(8)
2オーディン
3オーディン
3クリュプス

とても綺麗な雷単ですね!
優勝おめでとうございます!

光のフースーヤが特徴的に見えるかもしれませんが、何とベスト4の内3人がフースーヤを採用していました!
Chpterの頃の使用率から見たらウケますね!

次のMastersは1週間後の神戸となります。
今回、決勝に残らなかったゴルベーザではない混色が上位に食い込んでくるのかが楽しみです。

| FF TCG | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FFTCG オープニングツアー決勝デッキ分布

こんばんわ(∵)

ひれひれ(∵)です(∵)

ツアーファイナルに参加された方々はお疲れ様でした!

前日予選は参加人数が61名6回戦。その中から12名が本戦の決勝ラウンドまでいけるという形となっていました。
予選はゴルベーザが多く、火氷が次いで多かった印象があります。

そして決勝ラウンドに残った12名のデッキ分布や感想を大雑把にですが書いていきます。
ゴルベーザ×5
火氷×3
土氷×2
火氷雷土×1
火土×1

ゴルベーザ
5名いますが、色が散りばめられるデッキ構築が可能な為、どの方も個性的な作りとなっています。
2名がほぼ同じ構成で土雷を中心とした一番スマートだと思われるゴルベーザ
他3名は水や氷、風などを使用した形となっています。
ゴルベーザをタッチにして使うという、本来のデッキパワーを極力下げずに、ゴルベーザを運用していく形の方もいました。
可能性はまさに無限大(∵)

火氷
予選で多く抜けていたなオーソドックスなタイプの方が2名、少しだけ変化が付いた火氷の方が1名。
火氷は攻守万能に戦える為、構築のバリエーションが非常に多く、アレンジしていくのが楽しいデッキな感じがします(∵)
あとプレイがかなり難しいような気がします(∵)

土氷
2名に関しては、デッキ構成が1枚も変わらず全く一緒の土氷。
ヘカトンケイルの使用率が高いと踏んで、バックアップがほぼ2コスト以下しか入ってないのが特徴的な感じがします(∵)

火水雷土
バックアップのジェシーモーグリ13-2から上記の色が持ってこれるので、そこから手札にある2枚目のバックアップの色を持ってきたりして、いろんな色のバックアップを出した後、cip能力を持つコストパフォーマンスのいいフォワードを相手に投げつけていくデッキな感じがします(∵)
間違っていたらすみません(∵)

火土
使い手がとても土を愛しているような感じがしました(∵)


長かったツアーファイナルも終了し、次はopus2環境でマスターズに移行していきます!
2弾のカードもちょくちょく公開されてきているので、デッキに入れたいカードも出てきてわくわくしてきますね(∵)

当店では2弾のプレリリースやBOXの予約を行っております。
また2弾の発売日には深夜販売も行いますので是非ご来店下さい(∵)

| FF TCG | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FF-TCG 流行りのデッキのポイント第1回(∵)

こんにちは(∵)

ひれひれ(∵)です(∵)

土曜のラストの予選、東京オープニングツアーに参加された方々はお疲れ様でした!

全ての予選が終了したので、ここで各地で一番多く入賞したと思われるデッキの使い方、対策共に紹介したいと思います!

まずはゴルベーザ
プチャ

レシピは各地で何回も入賞しているヒロさんのレシピです。
今はこのレシピがオーソドックスになってきているので、こちらを参考に説明させて頂きます。

使い方:
このデッキの動き方ですが、基本は早いターンにゴルベーザディリータケフカで割り、2コストのフォワードを4体出してダメージを稼いでいくデッキとなります。
2コストのフォワードなのでパワーが低く、中盤以降はダメージを通しにくくなってきますが、そこはギップルというスーパーゴリ押しカードでカバー。
引きゲー引きゲーと言われてはいますが、ゴルベーザを引けなくても、デッキに多く搭載されている除去で、場をコントロールしつつ、戦う事も出来ます。
今ではヘカトンケイルも搭載され、天敵のユウナに対しても立ち回れるようになっています。

相手にした時の戦い方:
ではそんな強そうなデッキにどういう風に戦っていくかと言うと、パワー7000ラインのフォワードが立っているだけでゴルベーザ側は爆発後に残っている、パワー9000のディリータしかアタックにいく事が出来ないので、焦らず7000ラインのフォワードをしっかりと配備しましょう。
これでゴルベーザから出てくる2コストのフォワードは全部シャットダウン出来ます。(相手がギップルを持っていたら仕方ありません。そもそもゴルベーザディリータギップルを3枚引けている確率は非常に低いものなので、基本は無視します)
もし7000ラインがいない場合は、6000ラインでもいいので場に出していきます。
もちろん、場に並べるのは8000ラインでもいいのですが、8000ラインのカードは基本4コスト以上になり、4コストのフォワードは1ターンに2体プレイしにくいので、それでしたら3コスト6000~7000を2体並べた方が費用対効果が見合っています。
(ティファのようなスペシャルアビリティが直結して除去になるものは除く)
端的な理由もあり、相手のゴルベーザから出てくるジタンが3コスト以下でしか止められないなどもあります。
3コスト1体だけだと相手のシーモアオーディンに除去されて、2コストの軍団に殴られまくってしまうので、可能であればフォワードはターンをまたいでもいいので2体以上は配備したい所(∵)
その後は自分の被ダメージを可能な限り少なくしつつ、相手の2コストのフォワードをうまく捌いていきます。
捌く手段としては、除去、相手にケフカを使わせるといった手段です。
ケフカを使わせるって事に違和感があるかもしれませんが、ゴルベーザ側はバックアップのコスモスシャントットがないと色が発生しない為、フォワードを展開する事が難しくなります。

そして相手のフォワードを除去をしていくと、2体目のゴルベーザが出てくるかもしれません。
しかしそのゴルベーザは爆発したとしても、2コストのフォワードは4体も出てこない可能性が高いです。
理由としてはジタンが非常に死ににくく、場に残りやすい為、ゴルベーザから出てくる、4色のうちの風の1色分の枠がなくなります。
また火のウォーリアオブライトや水のユウナなど、2枚以下しか入ってないカードが手札に来ると、もうデッキにはないので場に出す事が出来ません。
他にもゴルベーザを爆発させるディリータも引かなくてはいけなかったりと、難易度も上がってくるので、2回目の爆発のメリットが限りなく薄くなってきます。

と、ゴルベーザもゴルベーザ側でいろいろ苦労があります。
ちょっと他のデッキも書くと長文になりそうなので、また次の機会に回そうと思います。

次回は火氷や水風などを考えています。

FFTCGも1弾しか出てないですし、予選が終わり、いろいろデッキリストも出てきたので、始めるにはいい機会になってきたんじゃないかと思っています。
もし遊んでみたいという方がいらっしゃいましたら、気軽に当店のスタッフに話しかけてみてください。
一緒に楽しんでいきましょう(∵)

| FF TCG | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT